うつ病の原因を知ろう|あなたに忍び寄る病魔

生活環境やストレスに注意

相談

精神面のケアを重視する

物事に対して興味がなくなり、気力などが出ず仕事や私生活に支障がでるような状況で過ごすことになるうつ病。原因としては、生活環境や過度なストレスなどさまざまな要因がからみあうことで発症する可能性が高くなります。明確なうつ病の原因はわからず、基本的には私生活や職場での人間関係や、仕事に対しての過度なストレスなど、精神的に負担となるような状況や強いショックを受けることも原因の一つと考えられています。遺伝的な要因や環境要因もうつ病発症のきっかけとなることがあります。家庭環境によっては、子供の頃に親から受けた影響などによる精神面の影響や、親しい間柄の人の死などによるショックも一つの要因として考えられます。また、妊娠や育児によるストレスや、引越しによる生活状況の変化などもうつ病が発症する原因となることがあります。身体的要因としては、慢性的な疲労を抱えている場合や、病気などの影響から精神面の変化が挙げられます。ホルモンバランスの乱れや、薬などによる体に起こる副作用などに関しても原因につながることがあります。また、性格などによってもうつ病にかかりやすい場合があり、基本的にまじめな性格をしている、責任感が強く周囲からの評価も良好なタイプはストレスを溜め込みすぎてしまう可能性もでてきます。周囲からの期待にこたえようと実力以上に頑張ることもありますが、結果として過度な疲労やストレスを溜め込んでしまう人が多くみられます。周囲からのイメージを下げたくないため、悩みを相談することや頼ることが苦手なタイプであることも多く、うつ病を発症しやすいタイプであると判断できる場合があります。うつ病にならないためには、あまり深く悩まないことや、周囲に対してサポートをしてもらう、無理をしないで周囲に相談をすることも大切です。仕事や私生活でもいろいろとストレスが溜まりやすい環境の場合には、うつ病が発症しやすいと言えます。自分の生活状況や家族、職場での人間関係が良好かどうか、ストレスとなる場合には解決策を模索していくことが大切です。過度なストレスになる状況では、いずれ精神面が不安定な状態になるでしょう。うつ病を防ぐためにも、精神面を安定させることが重要なポイントになります。ですが、生活環境に慣れている状態や、中途半端に生活が成り立っている場合もあります。その状況から抜け出すことが難しいと感じてしまい、ストレスを感じていても今の状況を守る行動をしてしまうことがあります。今まで自分が費やしてきた時間や労力などを考えれば当然ともいえますが、生活状況を変化させなければ精神面のケアにはつながりません。行動を起こすことや自分なりに気持ちを切り替えることは簡単ではありませんが、うつ病を防ぐため、自分の精神面を安定させるためにも必要なことです。うつ病の原因となるものから離れてみること、転職をして別の職場に移るなど、自分なりに行動していくことが大切です。