うつ病の原因を知ろう|あなたに忍び寄る病魔

環境の変化などがあります

看護師

家庭不和や離婚など

うつ病は、男女を問わず誰でも罹る可能性のある病気ですが、病気の原因を知っておきたい人が増えています。うつ病の原因には、環境的な要因があります。家庭内にトラブルがある場合や、結婚を経験して家族構成や生活環境が大きく変わったり、リストラなどで職を失ったりといったことが挙げられます。相続問題などのお金のトラブルが原因で、発症する可能性もあります。うつ病は、気力や集中力の低下や抑うつ感が長く続く、趣味や娯楽に無関心になるなどの症状が見られます。気になる症状が見られたら、早めに精神神経科を受診して、カウンセリングを受ける必要があります。女性は男性に比べるとうつ病に罹る人が多いですが、月経周期などもあるため、ホルモンバランスが乱れやすい傾向があります。男性に比べると、妊娠や出産、育児を経験する人も多く、疲労やストレスが原因で発症するケースもあります。40代を過ぎて、卵巣機能が低下すると更年期の時期に入りますが、これぐらいの年代の人は、お子様の独立や両親の介護などでストレスを受けやすい傾向があります。女性や高齢者は、体の不調が原因で発症する可能性があります。うつ病の原因は様々ですが、産後うつや介護うつになる人もおられます。産後うつは、ホルモンバランスが整ってくる産後、半年ぐらいを経過すると、自然に治癒する場合もありますが、心身の不調が長く続く時は、医療機関を受診するようにしましょう。現代は、離婚を経験するカップルも増えていますし、両親や兄弟姉妹、配偶者などが亡くなることもあります。離婚や身近な人の死が原因で、孤独に陥ってしまい、うつ病の原因になる場合もあります。うつ病は人当たりが良く、頼まれごとを断れない人や几帳面で真面目な性格の人が罹りやすい傾向があります。うつ病に罹りやすい要因を持っている人は、適度に体を動かしたり、適度に趣味や娯楽を楽しんだり、体の調子が優れない時は、配偶者やお子様に家事を分担してもらい、負担を減らしてもらうことも大事です。日常生活をしているとストレスは誰でも掛かってくるため、一人で悩みを抱え込まず、身近な人に話を聞いてもらうことも大事です。うつ病に罹ると、不眠や食欲不振、倦怠感などの症状が見られるので、同居している家族は変化に気付いたら、一緒に専門の病院やクリニックに行くことが大事です。早い段階で内服薬による治療を受けることで、辛い症状を改善する効果があります。うつ病の原因は人によって様々ですが、身体的や環境的な要因が大きい傾向があります。信頼できる医師に治療を受けることで、半年から一年ぐらいで症状が改善する人も多いです。辛い症状が良くなっても、しばらくは薬の服用を続けることが大事です。